ドローン撮影・計測

北海道内はもとより、全国各地、経験豊富なドローンパイロットが撮影・計測します。

ゆほびかでは、ドローンによる空撮代行のほか、Sfmによる写真測量、3Dレーザースキャナによる三次元点群取得、3Dサーフェスモデルデータの作成、3Dプリンタ出力など、関連サービスを連携してご利用いただけます。

概要

撮影可能エリア

ゆほびかでは、日本全国を対象とした国土交通省のUAV飛行許可を取得しております。

無人航空機の飛行に係る承認内容
・承認番号:東空運第24029号
・飛行経路:日本全国
・許可及び承認事項:航空法第132条第1項第2号、航空法第132条の2第1項第6号及び第7号

飛行区分としては、人口集中地区(DID)での飛行、目視外の飛行、人・物件から30m以内のドローン飛行は年間を通じて可能です。空港周辺での撮影については、案件ごとに撮影許可申請が必要となりますので、予め余裕を持って発注されることをお勧めいたします。

主な使用機器

DJI Matrice 600 Pro

産業用の大型機であり、高解像度カメラにより写真測量を行う場合や、LiDARによるUAVレーザ計測を行う場合に用います。

○搭載カメラ(Sony α7R IV)
有効画素数:約6100万画素
静止画:9504x6336px
動 画:4K30p または FHD60p・120p

○搭載Lidar基本性能
スキャンレート:毎秒1,200,000ポイント
精度:4cm

DJI Phantom4

安定した飛行や映像撮影が可能な中型機であり、簡単なオルソ写真の撮影時などに用います。

○搭載カメラ
有効画素数:約1240万画素
静止画:4000x3000px
動 画:4K30pまたは FHD60p・120p

Parrot Anafi

小型機ながら4Kの高画質撮影が可能で、真上を撮影できるカメラを搭載していることが特徴です。

○搭載カメラ
有効画素数:約2140万画素
静止画:5344x4016px
動 画:4K24pまたは FHD60p

取得データの三次元解析

弊社では、建物や樹木を含んだ表層モデル(DSM)の生成、フィルタリングにより建物や樹木を取り除いた標高モデル(DEM)の生成、オルソフォトの作成なども行っております。

CIMやi-construction対応、概況把握など、お客様のが必要とする精度や形式でご提供いたします。

DSM(オリジナルデータ)のイメージ
(画像出典:国土地理院HP)
DEM(グラウンドデータ)のイメージ
(画像出典:国土地理院HP)

UAV搭載型レーザースキャナによる直接計測

ドローンに積載して広範囲の現況地形標高などを点群データとして取得するために使用する機種です。樹木が繁茂している斜面や川沿いでも、直接地盤高を計測できます。

計測方法近赤外線レーザ照射 波長905nm
取得精度4cm
計測範囲15~140m
スキャン速度毎秒1,200,000ポイント
カラー取得可能

撮影画像の画像処理による間接計測

UAVにより撮影した複数の写真から三次元点群モデルやオルソフォトを生成するため、SfMソフトウェア(PIX4DmapperやAgisoft Metashape)による画像解析処理もワンストップで承っております。

概算金額

撮影費用は、場所や広さによって変わるため、個別にお見積りさせていただいておりますので、遠慮なくご相談ください。

お問い合わせフォーム

ご相談やお見積は無料で承っておりますので、遠慮なく以下のフォームよりお問い合わせください。お見積りをご希望の場合は、対象とする地域や面積などをご指示いただけるとスムーズにご返答が可能です。

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    必須 お問い合わせ内容

    任意 添付ファイル

    必須 具体的な内容

    メールアドレス等にお間違いが無いか再確認をお願いします。
    内容をご確認後に「送信」ボタンを押して下さい。